午後0時と午後12時と12pmとmidnightの違い

先日英語で「Wednesday midnight」という表示を見ました。水曜のミッドナイトって、水曜日が始まるときなのか、終わるときなのか、どちらなのでしょう。いったい時間にすると何時何分のこと?
と思って調べてみると、日本語の午後0時と午後12時と12pmも使い方が違っているではありませんか。

午後0時と午後12時と12pmとmidnightの違い

結論から言うと、

  • 午後0時:昼の12時、午前12時、正午
  • 午後12時:夜の12時、午前0時、正子(しょうし)
  • 12pm:昼の12時、正午
  • 英語のmidnight:夜の12時、正子

日本語の午前と午後の使い方

日本語では、明治時代に出された政府からの通達「太政官達 第337号」の中で、午前、午後をつけた呼び方の定義が書かれています。

その考え方では、正午を「午前11時の1時間後」と考えると「午前12時」と書くことができ、「午後1時の1時間前」と考えると、「午後0時」と書くことができます。

同じように、夜の12時についても、午後11時の1時間後か、午前1時の1時間前か、と考えて、それぞれ午後12時、午前0時となり、同じ時間を表します。

言い方を変えると、午前0時は午後12時、午後0時は午前12時。

しかしながら、これはとても紛らわしいです。正直今まで午後12時が夜の12時だったなんて知りませんでした。

だって午後12時10分って言ったら、午後とは正午の後という意味ですから、昼の12時10分のことだと思ってしまいます。そして、日本語の場合、これらはどちらが正しいともいえないのだそうです。

分かりにくさを回避するには、12時の表現は使わず、午後0時15分や午前0時20分というように、0時の表現を使ったほうがいいですね。

12pmと日本語の午後12時は違う

一方、12pmは、昼の12時を表します。12amが夜の12時です。amはante-meridiem、pmは post-meridiemというラテン語からきています。

この表現は、日本でも広く浸透しています。注目すべき点は、日本語の「午後12時」と「12pm」が、実は違う時間を表しているということです。同じように「午前12時」と「12am」も違う時間です。この点からも、まぎらわしいので、午前午後をつける場合には12時ではなく0時の表現を使ったほうが間違えませんね。

ちなみに、0pmや0amという表現はほとんど見かけません。12が使われます。アナログ時計も0ではなく12です。

イギリス国立物理学研究所によると、正確には、どちらの12時も、午前でも午後でもありません。そして、12時または0時に、午前、午後を使う世界的なスタンダードは、ありません。決まっていないのです。よって、12pmも決まりではなく、より多くの人が共通に理解する慣用です。

紛らわしい場合には、「12 noon」や「12 midnight」、または24時間表記を使うことが推奨されています。

また、日にちを明確にするため、「23:59 pm」 や「12:01 am」と表記する方法も取られます。

Wednesday midnight 水曜のミッドナイトの意味

英語でWednesday midnightと言った場合、通常は、水曜日の夜、木曜日になる前の時間を指すそうです。

○○day midnightというのは、その日の終わりの時間です。

筆者が見たWednesday midnightの表現は、のちに、11:59pm on Wednesdayと書き換えられました。

まとめ

午後0時と12pmは正午のことで、午後12時とmidnightは夜の12時のことである。

引用元:国立天文台参議院NPLRMG

タイトルとURLをコピーしました